2006年06月10日

第5回 Hello World

お約束の「Hello World」もIDLEなら
>>> に続いてprint "Hello World"と入れてEnter、これだけです。

python1.PNG

IDLEは式を評価して返してくれますので、printを省略すると'Hello World'と表示されますし、3+3と入れれば6が返ってきます。...電卓としても使えますね。

第4回 IDLEって?

http://www.python.org/idle/ によると
IDLE - an Integrated DeveLopment Environment for Python となっています。

新しい言語を使う場合、パスを通したり、様々な設定を行ったり、
使い始めるまでに実行環境を整えるのが大変だと思います。
IDLEの場合、インストールさえ済めば、とりあえず立ち上げて、
すぐ使い始められるのが良い点です。

IDLEはPythonをインストールすれば、一緒にインストールされます。
Pythonのインストールは
http://www.python.jp/Zope/download/pythoncore から
「Windows用インストーラ」をダウンロード・実行するだけです。
スタートメニューにPython x.x、その中にIDLE (Python GUI)が出現します。

2006年06月08日

第3回 さて、何を使うか?

「腰まで泥まみれ」で進軍して来て、(もともと無い)思考力も尽きようとしている時、そんな時でもおっくうにならない環境は何が良いでしょう?
軽いCLIは大好きだけど、さすがに今はつらいですよね。重いIDEは待ちたくないし・・・
Perl,Ruby... いろいろな言語がありますが、
「刀傷のある」少々くたびれ気味のシステム屋さんには、
PythonのIDLE(Python GUI)が良いと思います。
 まだマウスを動かすことくらいは出来ますね?
「スタート」をクリックして・・・
思い出したり、長〜いパス名をタイプすることなく、ほら、立ち上がってくれました。