2006年07月16日

今はあの頃より豊かなのだろうか?

明け方、私がまだ小学生だった遠い遠い昔の事を何故か思い出していました。
友達(だったのでしょう、顔も名前も忘れてしまいました)のお母さんが、
長屋の前の道路上で、別の子のズボンを手洗いで洗濯してあげている光景です。
確か遊んでいて「ドブ」に、はまってしまったかなんかだったと思います。

もう「長屋」って言っても、分からない人もいるのではないでしょうか?
横に長い平屋建ての建物で、同じ間取りの家がつながっています。
ずらりと並んだ小さな同じ形の玄関・・・
でも今から考えると、食べ物なんかは、値段的には、
みんなが百貨店の食料品売り場で買っているようなものでした。
「スーパーのチラシを比べまくって1円でも安く」
なんてこともまったく聞かなかった。
淡白というか、それなりのお金を払って生活し、
残りがなければ、それなりの所に住んでいたんですね。

ビール、ジュース、米にしても、定価で買って配達してもらうのが普通だった。
今はそんなゆとりのある人は少ないですね。
「激安」「100円ショップ」に頼っている人も多いのでは・・・

今の「そこそこの暮らし」ができている人の生活レベルって、
昔から比べたら考えられない位贅沢ですよね。車2台が普通だったり・・・
でも、そうじゃない人達にとっては、確実に豊かではなくなってきていると
思います。
posted by ymd at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 一休み
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/971554

この記事へのトラックバック